フリーマーケットアプリ運営のメルカリが4日発表した2020年12月中間連結決算は、純損益が41億円の黒字(前年同期は140億円の赤字)だった。18年6月の上場以来、中間決算の黒字は初めて。広告宣伝費などの抑制が寄与し、主力のフリマアプリも好調だった。