立憲民主党県連(屋良朝博代表)は4日の常任幹事会で、次期衆院選で沖縄4区から立候補を表明している前那覇市議会議長の金城徹氏(67)の公認を決めた。来週の党本部役員会などを経て正式に決定する。立憲民主が県内の国政選挙で候補者を擁立するのは初めて。