7日投開票の沖縄県の浦添市長選は4日、最終盤の「三日攻防」に入った。現職で3期目を目指す松本哲治氏(53)=無所属、自民、公明推薦=と新人で前浦添市議の伊礼悠記氏(38)=無所属=は遊説や集会などで支持を訴えた。 松本氏は午前7時半から市内間の交差点で手振りをした後、街頭演説した。