東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は4日、東京都内で取材に応じ、3日の日本オリンピック委員会(JOC)臨時評議員会での女性理事を巡る発言について「五輪・パラの精神に反する不適切な表現だった。深く反省している」として撤回し、謝罪した。辞任は否定した。