米製薬大手ファイザー製新型コロナウイルスワクチンの国内向け第1便は、主力工場があるベルギーのブリュッセルから成田空港に全日本空輸が直行便で運ぶことが4日、空港関係者への取材で分かった。最も早い医療従事者への接種開始が17日以降に迫る中、全日空は社内に専門チームを設置し、準備を加速させている。