沖縄発のコンテンツ産業の可能性について話し合う「エンタメ産業×沖縄×オリジナリティー」(主催・県産業振興公社)と題したシンポジウムが8日、那覇市内であった。メイン講師を務めた那覇市出身の脚本家・上原正三さん(79)は「沖縄はコンテンツの宝庫。