2018、19年のパ・リーグ本塁打王、西武の山川穂高(中部商高-富士大出)がプロ8年目のキャンプを埼玉県所沢市でのB班(2軍)で迎えた。右足首のけがで不本意な成績に終わり、「ものすごい苦しかった」昨季。一方で「この1年があって今後の進むべき道が分かった」と語る。