日本共産党県議団(団長・渡久地修県議)は3日、県庁で玉城デニー知事と面会し、新型コロナウイルス感染対策で「必要な人が必要な時に受けられるPCR検査体制の構築」など7項目の政策を提言した。  玉城知事は「誰でも安価に迅速に検査を受けられるよう医療と連携できる検査機関の公募を始めた。