75歳以上の医療費窓口負担に2割枠を新設する医療制度改革関連法案が国会に提出された。高齢化で医療費の急増が見込まれる中、政府は75歳以上の人にも負担を求め、社会保障制度の維持を目指す。