沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄で新たに32人が新型コロナ感染 累計感染者7822人【2月6日昼】

2021年2月6日 15:08

 沖縄県は6日、新たに32人が新型コロナに感染したと発表した。県内の累計感染者数は7822人。

 在沖米軍関係は新たに3人が感染し、累計で934人となった。

 県が5日に発表した新たな感染者は10~90代の男女計41人。同日までに家族を含む親族5人の感染と、浦添市内の教育機関で17人の感染を確認。いずれもクラスター(感染者集団)と認定した。計116例となった。

 教育機関のクラスターは1月26日~2月4日までに感染が確定した職員1人、学生16人で全員男性。感染経路は調査中で、南部保健所が濃厚接触者の特定などを急いでいる。親族のクラスターは1月29日~2月3日に感染が確定した。

 新規感染者41人のうち、感染経路が判明しているのは33人。内訳は友人・知人と施設がそれぞれ9人、家族8人、職場4人、飲食・会食1人、調査中2人。

 直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は26・15人で、全国で3番目に多い。最多は東京都の33・11人。全国平均は14・96人。

連載・コラム
記事を検索