沖縄県の石垣市は3月21日予定の市主催成人式へ出席を希望する新成人全員に、新型コロナウイルスPCR検査を実施する。今月2日の市議会臨時会で、国の臨時交付金を活用した検査費920万円を盛り込んだ補正予算を可決した。市は新成人の数を約550人、このうち約500人が進学や就職で島外在住と見込む。検査は帰省直後とその5日後の2回とする方針。島内への感染リスクを可能な限り排除するとともに、安心・安全な開催につなげたい考え。

(資料写真)石垣市役所

 市が新成人の実家宛てに案内のはがきを15日までに送付。新成人は出席可否、帰省日、PCR検査日を記載して返信するか、市の担当課への電話で原則22日までに申し込む。

 検査は大学生が春休みに入る今月下旬から始める。指定医療機関で土日・祝日を含めて毎日午後1時からドライブスルー方式で実施。結果は当日夕方に電話で知らせる。

 市内在住の新成人や、3月14日から式の前日午前の間に帰省した人は検査1回とする。式の前日午後に帰省した場合は、市と相談の上で当日午前の検査を認める。

 医療機関は所定の用紙に押印して検査を証明。新成人は式当日に証明書を提出して入場が許可される。

 市の担当者は「検査を受けないと出席できない。安心・安全な成人式をつくり上げたい」と理解と協力を求めた。

 問い合わせは市教育委員会いきいき学び課、電話0980(83)0373。