「引きこもり」のイメージは20年以上かけて変わってきた。「社会に参加できない異物」というものから始まり、「うつ病」などの認識が広がったことで、引きこもりの原因が本人のみにあるとは限らないという受け取られ方になった。  そこから時間をかけて「誰にでも訪れる可能性のあるもの」へとなりつつある。