白三段 関航太郎(日本棋院・19歳) 黒八段 張豊猷 (日本棋院・39歳)         (6目半コミ出し) 白のサバキ  張は第39期で本戦決勝まで勝ち上がったが、河野臨九段に敗れ、あと一歩のところで挑戦権を逃した。4期ぶりの本戦入りである。