自民党岐阜県連は6日、岐阜市で岐阜県知事選を巡る会合を開いた。県連会長を務める野田聖子幹事長代行が、分裂選挙となった責任を取って県連執行部全員の辞表提出を提案したのに対し、県議らから異論が出て結論には至らなかった。知事選で生じた県連内の溝が埋まっていない現状が浮き彫りになった。