全日本建設交運一般労働組合県本部(東江勇執行委員長)は2日、県議会に赤嶺昇議長を訪ね、公共工事現場で働く労働者の賃上げを求める陳情と意見書を提出した。国は2013年から8年連続で労務単価を引き上げている一方で、県内のダンプトラック運転手や建設業従事者の賃金に反映されていないとして、改善を求めた。