沖縄県の国頭村の辺戸岬周辺で4日、大型機の低空飛行が確認された。昨年末から慶良間諸島で相次いで低空飛行が確認された米空軍MC130J特殊作戦機とみられる。岬周辺は米空軍の訓練区域外だが、大型機は東側から海岸線をなぞるようにして数十メートルの高度で接近し、陸地上空をかすめ、南方へ向かった。

辺戸岬上空をかすめるように低空飛行する米軍機とみられる大型機=4日午後1時24分、国頭村(嘉陽宗幸さん提供)

 当時、クジラの観察で辺戸岬を訪れていた同村在住の嘉陽宗幸さん(67)が目撃した。大型機は午前11時9分と午後1時24分の2回飛来し、同様のルートで飛行したという。

 嘉陽さんは「すごい勢いで、岩場にぶつかるくらい低空に見えた」。従来も同型機が海上を低空飛行する様子を見たことはあるが、岬をかすめるような飛行は初めて見たという。「辺戸岬は国立公園で、村の景勝地。土日は多くの人が訪れる。あんな光景はふさわしくない」と話した。

 国頭村の知花靖村長は「事実関係を確認し、沖縄防衛局と調整した上で対応したい」と述べた。

 慶良間諸島周辺の低空飛行については県が日米両政府の関係機関に抗議し、県議会米軍基地関係特別委員会も抗議声明を採択したほか、渡嘉敷、座間味両村議会も抗議決議を可決した。