【シンガポール共同】シンガポールの航空業界で働く人たちが優先的に新型コロナウイルスのワクチン接種を受けている。同国は国際的な空路の中継拠点(ハブ)として知られる。関連業務に携わる人の感染を防ぎ、新型コロナで影響を受けた機能の回復を目指す。