17歳11カ月28日。特別指定選手のハーパー・ジャン・ジュニア(福岡第一高3年)が故郷・沖縄市でB1史上最年少出場を打ち立てた。  第2Q残り38秒でデビューを果たすと、21点差の第4Q終盤に再び出場。