米大統領選で共和党のドナルド・トランプ氏が勝利したことを受け、県内シンクタンクは経済政策の先行き不透明感から投資や消費といった経済活動が控えられ、世界景気全体を落ち込ませる可能性があると指摘した。日経平均株価は一時1千円超の下げ幅を記録し、円高も進行。