7日投開票された浦添市長選の投票率は62・98%で、2017年の前回市長選(61・37%)よりも1・61ポイント上がった。投票当日の有権者数8万9814人のうち、投票総数は5万6561票で、前回市長選(5万3717票)より2844票増えた。

(資料写真)投票

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で投票率の低下が懸念されたが、期日前投票の伸びも加わり、関心の高さをうかがわせた。

 期日前投票は2万2588人で、有権者の約25%だった。前回市長選の期日前投票(1万5918人)より6670人増えた。市選挙管理委員会によると、市内であった選挙では過去最多とみられる。

 当日投票者数は3万3973人で、有権者の37・8%だった。前回市長選の当日投票者数(3万7799人)より3826人減った。