沖縄県の玉城デニー知事は8日朝、浦添市長選で米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添移設を容認する松本哲治氏が3選を果たしたことを受け、移設計画を進める考えを示した。知事は移設に反対する伊礼悠記氏を支援していた。県庁で記者団の取材に答えた。

沖縄県浦添市長選で松本哲治氏が伊礼悠記氏を破り当選した受け止めを語る玉城デニー知事=8日、県庁

 知事は、移設推進の民意が出たかと問われ、「選挙結果はそのように受け止めている」と述べた。

 那覇港管理組合、県、那覇市、浦添市で本年度内に民港の形状案を策定し、国を加えた移設協議会で軍港の移設先について協議が進められるとの認識を示した。

 軍港の先行返還を引き続き求めるかどうかについては、移設を進めつつ、「そのような方向性も、議論があっていいのではないか」と述べた。

 松本氏が、知事の真意を確かめるため協議を求めていることについては、「松本さんの考えも聞かせていただければと思う」と述べた。

 伊礼氏と移設を巡る立場が異なることが選挙結果に影響したかどうかは、「分析していないので、よく分からない」と述べるにとどめた。

 その上で、「オール沖縄という枠組みの中で、お互いが支援できるというような政策もたくさん重なっている」と述べ、支援した理由を語った。