【東京】7日投開票の浦添市長選で、米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添移設を容認する現職の松本哲治氏が3選したことに関し、加藤勝信官房長官は8日の記者会見で「移設を着実に進めるためにも、民港の港湾計画に関する地元での検討が進むことを期待している」と述べた。軍港の返還に向け、地元と連携していく考えも示した。

(資料写真)加藤勝信官房長官


 松本氏については、軍港移設で国や県などが推す北側案を受け入れるなど「米軍基地に関する課題に対しても精力的に取り組んでいる」と評価した。