7日に投開票された沖縄県の浦添市長選・市議選は、市選挙管理委員会の開票結果の最終発表が当初の予定よりそれぞれ1時間半程度遅れ、市長選で8日午前1時23分、市議選で同日午前2時にずれ込んだ。

ANAアリーナ浦添で行われた浦添市長選の開票作業=7日午後9時6分

 市選管によると、市長選、市議選ともに本来あるべき投票総数より票が多く算出された。そのため複数回数え直したところ、いずれも手作業で数える疑問票から数え間違いが見つかったという。

 市選管は「本来、市長選の疑問票から整理すべきところを市職員らへの周知不足で時間がかかる市議選の疑問票の整理から始めてしまった。反省している」と説明した。今後は現在1人で担う選挙長の役割を2人に増やすことを検討する。