環境省は8日、東京電力福島第1原発事故による福島県内の帰還困難区域のうち、住民の居住再開を目指す「特定復興再生拠点区域(復興拠点)」での除染が7割で完了したと明らかにした。