共同通信 ニュース

大リーグ機構、低反発球導入へ 増加傾向の本塁打抑制、今季から

2021年2月9日 10:11

 【ニューヨーク共同】米大リーグ機構が増加傾向にある本塁打数の抑制を目指し、今季から低反発球を導入することを全30球団に通達したと8日、複数の米メディアが報じた。ボールの大きさを変えずに重さを最大2・8グラム軽くすることで、飛距離を抑えるという。従来のボールで375フィート(約114メートル)飛んでいた打球は、飛距離が1フィート(約30センチ)~2フィートほど落ちるとのデータが示された。

 大リーグの従来の使用球=2020年7月、米カンザスシティー(AP=共同)

 近年は打球に角度を付けて長打を狙う「フライボール革命」が浸透し、2019年にはリーグ全体で史上最多の6776本塁打を記録した。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
記事を検索