国立科学博物館と凸版印刷(東京)は、仮想現実(VR)技術を用いてティラノサウルスやトリケラトプスなどの恐竜骨格を360度どの方向からも見られるオンライン特設サイト「ディノ・ネット デジタル恐竜展示室」を無料公開した。