沖縄タイムス+プラス プレミアム

入院時の衣類やタオルをレンタル コロナ禍の沖縄でも需要 櫻井英治・エラン社長に聞く

2021年2月10日 14:55有料

[明言深聞 ずばり答える、本音を探る]

 入院時に必要な生活用品のレンタルサービスを全国展開するエラン(長野県、東証1部上場)がこのほど、沖縄支店を設立した。同社は昨年、新型コロナウイルス感染拡大防止のため「3密」状態を可視化するITサービスも始め、県内で実証も行う。今後の事業展開について、櫻井英治社長に聞いた。(聞き手=政経部・島袋晋作)

 -沖縄支店設立の経緯は。

 「当社は、入院生活で必要な衣類やタオルなどの生活用品を日額定額制でレンタルするサービスを手掛け、現在、月間約28万人が利用している。生活用品の準備や管理は患者や家族のみならず、病院にも大きな負担となっており、県内からもサービスの提供を望む声が寄せられていた。事業拡大に向け、現地法人化も視野に入れたい」

 -コロナ感染防止に役立つ側面もあるか。

 「工業洗濯を行うリネン業者などと提携し、配送の手配も行う。病院と患者にとって、安全で便利な体制を構築しており、ニーズはまだ広がると考えている」

 -レンタルサービスを始めたきっかけは。

 「元は寝具販売業。訪問販売でお客さまの話を聞くうちに、古い布団を要望に合わせて別のサイズの布団や座布団に作り替えるといったニーズがあることが分かり、そのリサイクル事業が大当たりした。長野に多いホテルや旅館をターゲットにしたが、そのうち病院からも依頼が寄せられた。ただ、病院の布団はすでに多くのサービス...

沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
注目コンテンツ
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪に出場する県出身選手の活躍を早く詳しくお伝えします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。