沖縄電力(浦添市、本永浩之社長)は9日、電力消費が少ない一方、再生可能エネルギーの発電量が増える傾向にある1~5月の「軽負荷期」で、再生可能エネルギーの受け入れを制限する出力制御を実施する可能性が、今年は低いとの見方を発表した。