「よみがえる正倉院宝物-再現模造にみる天平の技」展では、伝統の技と最新技術で再現された宝物が一堂に展示されている。来場者は、いにしえの天平文化の神髄を堪能した。(1面参照)  正倉院の宝物は東大寺(奈良県)の造立などで知られる聖武天皇の遺愛品を光明皇后が、同寺の大仏に奉納したことが発端だ。