日本身体障害者アーチェリー連盟は9日、東京パラリンピック代表に内定していた仲喜嗣(なか・よしつぐ)さん(日本連盟)が7日に死去したと発表した。60歳。奈良県出身。同連盟によると、昨年11月から病気療養中だった。死因は公表していない。