沖縄防衛局は9日、名護市辺野古の新基地建設を巡り、現在、埋め立てが海面から3・1メートルまで進んでいる辺野古側「(2)-1」と呼ばれる区域に関し、4メートルまでかさ上げする追加工事を3月29日から始める予定と県に通知した。7月31日までを見込んでいる。昨年9月末に3・1メートルに達していた。