[経済再興への道 コロナ禍の挑戦](7) 垣根を越えて

 沖縄土産として人気の「首里石鹸」。運営するコーカスは2020年、コロナ禍の中で新規5店舗を開業した。メイン顧客の観光客が激減する中、県民需要を掘り起こしながら、県外でも期間限定で出店するなど、商品力に磨きをかけている。

 「2事業で、月商1億円が見えてきた」。2020年1月、コーカスの緒方教介社長は手応えを感じていた。コールセンター事業に加えて、もうひとつの柱として16年に始めた首里石鹸。ネット販売を含む全店舗合計で前年同月比160%超えと、売り上げは絶好調だった。

 同時期、有名ドラッグチェーン店の国際通りからの撤退が緒方社長の耳に入った。「出店のチャンスかもしれない」。元々、国際通りに5~8店舗の「ドミナント出店」を構想していた。24カ所の候補のうち、松尾近くと久茂地に2店舗の出店を決めた。

 だが、4月に入って直後、風向きが一気に変わった。閑散とした街。売り上げも振るわない。4月8日、緒方社長は全店舗休業を決断した。「1人もクビにしない。みんなで生き残るぞ」。全社員に呼び掛け、我慢の1年を覚悟した。試算では1億円超の赤字。4~5月は前年の10%に満たない店舗も多く出た。...