東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が11日、女性蔑視発言を巡り辞意を固めたことを海外メディアも速報した。国際オリンピック委員会(IOC)やスポンサー企業など「多方面で怒りを買った」(米AP通信)、批判を受けた森氏が結局「白旗」を揚げた(韓国の聯合ニュース)などと報じた。