女性蔑視発言が国内外で批判を受けた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が辞意を固めたことが明らかになった11日、県内からは「辞任はやむなし」「日本社会に根深く残る同様の認識を改める機会にすべきだ」などの意見が上がった。