沖縄本島地方は11日、低気圧や前線の影響で風や雨の強い荒れた天気となり、地点によっては最大瞬間風速や24時間の降水量が2月の観測史上最大を記録した。強風の影響でけが人が出たほか、ビルの壁の崩落もあり、空や海の便では欠航が相次いだ。  気象庁によると、本島中南部で洪水警報や大雨警報が発令された。