なんとしても続投させようとしていた政府や東京五輪・パラリンピック組織委員会の思惑を打ち砕いたのは、女性たちの激しい抗議だった。組織委の森喜朗会長が、自身の女性蔑視発言で辞意を固めたことに、声を上げた人々は「当然だ」と受け止める。