「もう帰ったほうがいいんじゃないか?」という小木(おぎ)の言葉を聞いて、航平(こうへい)は少し冷静になった。  ためらいながらあたりを見回す。