県内で相次ぐ米軍機の低空飛行について、日本政府は米軍の言い分のみで正当性を追認する姿勢を繰り返している。米軍の施設や区域が集中し、異常な訓練が日常生活に入り込む県民の不安に寄り添っておらず、当事者意識が欠如している。  目撃者の写真や動画では、相当低く飛行しているように見える。