沖縄タイムス+プラス ニュース

「解除にはまだ至らないのでは」 玉城知事、緊急事態宣言の前倒し解除に慎重

2021年2月13日 08:23

 新型コロナウイルスを受けた沖縄県独自の緊急事態宣言の前倒し解除について、玉城デニー知事は12日、医療体制の厳しい状況が続く予測から「解除には、まだ至らないのではないか」と慎重な見通しを示した。

玉城デニー知事

 宣言後、新規感染者数や療養者数などが改善する一方、病床占有率、重症・中等症の感染者数、入院者数が増え「入院者数の減少には、時間がかかる」と語った。宣言の期間は28日まで。感染状況などが改善すれば、28日を待たずに解除する考えを示していた。

連載・コラム
記事を検索