空手を修行するものは、空手道を通して人生を学ばなければいけない-。沖縄空手道剛柔会の平良貞行会長(67)=南風原町・沖縄空手道剛柔流明武舘平良道場舘長=は、師の八木明徳氏(県指定無形文化財保持者、1912~2003)から学んだ精神を受け継ぎ、日々稽古を重ねている。