危機対応の原則に「最悪の事態を想定し、疑わしきときは行動せよ」というものがある。危機発生時の行政対応には一歩先を見通した積極的な姿勢が求められる点で、危機に面した県の姿勢は、全体的には「積極的」に映る。