沖縄タイムス+プラス プレミアム

【一問一答】「自分は専門家と名乗れるのか」…沖縄県の専門家会議座長の苦悩と今後の展望

2021年2月15日 05:00有料

 県専門家会議の座長、藤田次郎琉球大学大学院教授(感染症・呼吸器・消化器内科)に感染症対策の難しさや今後の展望を聞いた。(聞き手=社会部・篠原知恵)  -新型コロナウイルス感染症について。 「これまで呼吸器・感染症の専門家として約40冊の本を書き、肺炎関連も20冊は出版した。

連載・コラム
記事を検索