取材に応じた遺族は、生徒が愛用していた部活着とほほ笑む遺影を前に「明るくて自慢の息子だった。今も信じられない」と悲しみに暮れた。「死を選ぶような学校、部活動があってはならない」と涙を浮かべ、学校や県教育委員会側に真相の解明を訴える。