昨季は19試合に登板して9勝2敗、防御率については2・34と自己最高だったソフトバンク投手の東浜巨(沖尚高-亜大出)がB組(2軍)でスタートし、右肩のけがから順調に調子を上げている。9日には60メートルの遠投をこなし、第4クールではブルペンに入る予定だ。