【東京】岸信夫防衛相は16日の閣議後の記者会見で、島しょ部への輸送機能を強化するため、自衛隊が中型船舶(2千トン級)1隻と小型船舶(数百トン級)3隻の計4隻を、2023年度末までに取得する考えを示した。船舶を運用する海上輸送部隊も新編する方針。南西方面の防衛強化が念頭にある。配備先は「検討中」とした。

(資料写真)岸信夫防衛相

(資料写真)岸信夫防衛相