【東京】加藤勝信官房長官は16日の記者会見で、同日午前に尖閣諸島周辺の領海に侵入した中国海警局の船1隻に大型の武器が搭載されていたことについて「砲らしきものを搭載していたが、詳細は承知していない」と説明した。外務省は、領海侵入について中国政府に厳重に抗議し、速やかに退去するよう求めた。