18日は二十四節気の一つ「雨水」。暦では少しずつ暖かくなり、積もった雪が溶け始めるころとされる。那覇市内では17日、コートやマフラーなど厚手の服に身を包み、冷たい風に肩をすぼめる人たちの姿が目立った。

厚手の服に身を包み、冷たい風をしのぎながら歩く人たち=17日午後5時半ごろ、那覇市泉崎(古謝克公撮影)

 17日は県内全域で前日より気温が下がった。沖縄気象台の観測によると、那覇市の気温は最高が前日より3・0度低い16・5度で、最低が2・7度低い13・0度だった。

 18日はさらに冷え込み、那覇の予想気温は、最高14度、最低11度の見込み。