コロナ禍で少しでも癒やしの場を提供したいと、沖縄県読谷村波平のビーチの私有地に、地主の男性(59)が知人らと植栽したヤシの木4本が、何者かによって無断で伐採されているのが見つかった。男性らが14日朝に発見し、嘉手納署に被害届を提出した。

1月31日に植栽したヤシの木(比嘉徹さん提供)

切り倒されたヤシの木=14日、読谷村(比嘉徹さん提供)

1月31日に植栽したヤシの木(比嘉徹さん提供) 切り倒されたヤシの木=14日、読谷村(比嘉徹さん提供)

 被害があったのは「ナッコーリバマ」と呼ばれる海岸。1月31日に「景観を良くして癒やしの場になれば」と地主の男性が知人とヤシの木を5本(100万円相当)植栽した。2月12日午前に確認した時は異常はなかったという。男性らは、チェーンソーなど何らかの道具を使って切断されたとみている。

 植栽後は、夕日に映える風景がSNSで話題になっていたという。男性は「写真を撮りに訪れる人もいた。今後もっと整備をしていこうと思っていた直後だった」と声を落とした。

 知人で植栽を一緒に企画した比嘉徹さん(59)はフェィスブックで情報提供を呼び掛けている。「お悔やみだけでなく励ましの言葉をもらった。仲間と共にもう一度、ヤシの木を整備したい」と話した。