1999年1月に日米両政府が公表した「在日米軍による低空飛行訓練について」では、在日米軍は国際民間航空機関(ICAO)や日本の航空法で規定される最低安全高度基準を用いているとされる。防衛省は、低空飛行訓練でも同一の基準を適用することで合意していると説明する。