総務省の秋本芳徳情報流通行政局長は、放送事業会社に勤める菅義偉首相の長男から昨年12月に接待を受けた際のやりとりとされる音声の一部について「自分の声だ」と認めた。衛星放送に絡む話題の部分は「記憶にない」と説明。総務省幹部が18日の衆院予算委員会理事会で明らかにした。